感覚に頼らせないマニュアルはこれから飲食店の土台


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

非属人化。人に依存しない業態づくり。
取り組んでいるお店が多くなっていますね。
その時に重要になってくるのがマニュアルだと思います。
 
マニュアルと聞くと毛嫌いする方もいらっしゃると思いますが
要は使い方だと思います。
 
マニュアルに束縛されるのではなくて、
マニュアルを活かすルールづくり。
マニュアルは土台。
 
土台があるからこそ、安定したサービスや調理ができる。
 
そう考えるといかがでしょうか。
そして、その土台といえるマニュアル。
作成に迷う事あると思いますので
作成時のポイントのひとつに、
個々の感覚に頼らせないということ。
 
例えば、寸胴の8分目まで煮詰める。
これは人によって8分目はどの辺りか全然違います。
 
これを最適化するには、
メモリ付きの寸胴で3000のラインまで煮詰める。
と誰が見ても同じ数値に設定します。
 
味のチェックも、
塩分濃度計を使ったりして数値化して
マニュアルを作成する。
 
その様々な数値化で明確化した後に、
最終チェックとして
個人ではなく、2人での感覚でのチェックを行う。
 
味覚・嗅覚・触覚・視覚でのチェック。
味見、
匂いのチェック、
ヌメリなどのチェック
色のチェック
これでダブルチェックをして安定した料理も提供することが大事だと思います。
 
これを一人で行うと体調や気温により、
濃く感じたり、しょっぱく感じたりズレが生じます。
 
そして、2人でのチェックを行うことで、
お客様に「これしょっぱくない?」と言われた時に
一人で味見より、2人でチェックがあるので
素早い対応ができます。
 
なのでまずは、しっかりとした土台を
数値化したマニュアルで安定化させて
感覚でのチェックは2人で行うことで
マニュアルでは測れないものもチェックすることができます。
マニュアルはとことん数値化。
今日は既存のマニュアルを再度チェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

必要な時にコンサルタントに相談できる『オンライン顧問契約』

飲食店繁盛会 10Xバーチャル本部

会員サービス内容

  • 年10回の勉強会
  • 会員懇親会
  • 繁盛店を作る動画コンテンツ
  • 会員限定ニュースレターとバックナンバー
  • 個別コンサルティング・販促グループ相談
  • デザイン制作・修正会員割引
  • 出張コンサル割引
  • 販促物購入割引
10Xバーチャル本部詳細(外部サイト)

無料のメール会員

とりあえず無料で登録できるメール会員をおススメいたします。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飮食店繁盛会 メール会員登録(外部サイト)

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/