アブノーマル商品は伝えよう


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

「当店の○○はこうなんです」
実際に先日あった言葉です。
あなたのお店はこの言葉はないでしょうか?
 
この言葉の危険性を今日はお伝えします。
経緯を伝えるのが一番わかりやすいのでお話いたします。
 
ラーメン店でつけ麺注文。
    ↓
つけ汁注文後1分で到着。
(この時点で50℃くらい)
    ↓
つけ麵の麺到着5分後。
(つけ汁さらに冷める)
 


なのでつけ汁の温めをお願いすると、
「当店のつけ麺はこうなんです」
 
さらにレンジでもいいから温めをお願いすると
「レンジはありません」
 
 
・・・。
 
 
結局、冷めきったつけ汁に
冷たい麺で食べ進めることになります。
 
これってつけ麵のアブノーマルですよね。
 
味に対しての好みは様々なのでいいとして、
一般的なイメージと異なる商品の場合は
注文時に相違が起きないようにメニューやPOPで
告知する必要があります。
 
量が少なめのメニューだったら、記載することで
「量少なくない?」と言われない、思われないようにする。
 
辛いメニューも、辛いとわかるように表記することで
「子どもが食べるのに辛すぎる・・・」とならないようにする。
 
しょっぱい酒のつまみのメニューなら
「酒にあうおつまみ」と表記する。
 
こうしたことが必要となります。
一般的にイメージすることと相違があるアブノーマルなことは
注文前に告知しておくことがとても大事だといえます。
 
今日はあなたのお店のアブノーマルを
しっかりと伝えることをチェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/