商品原価を全て30%にしていませんか?商品価格の決め方①


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

商品価格改定をする際、一番考えるのが値付け。
特に今は、仕入れ価格が安定しなかったり
高騰したりしています。
 
そして、仕入れの価格上昇にあわせて価格も上げるとなると
とても不安になりますね。
 
「こんなに高くてお客様は不満に思わないか?」
 
そんな不安がありましたらこのブログをお読みくださいね。
 
まず、あなたは商品価格をどのように決めていますか?
 
 
原価率が30%になるように設定している。
 
このパターンが多いと思います。
昔から言われている
FL60%
F:フード 30%
L:人件費 30%
 
この商品原価率30%を目指して
3割設定で商品を設定する。
 
この考えは、メリットとして
商品価格を決めやすいことがありますが
デメリットとして、
どれも当たり前の商品価格となるので
目玉消費や尖った商品をアピールしにくいことがあります。
 
原価率はすべての商品を
30%に抑える必要は全くありません。
 
全てのトータルで30%に収まれば良いのです。
 
なので、原価80%の商品や
原価5%の商品だってあって良いのです。
 
そして、何もトータルも原価30%に収まらなくても良いです。
FL、食材費と人件費で60%、
もっと言えばFLR、食材費と人件費と家賃で70%に
収まれば問題ありません。
 
簡単に言うと
F:40%
L:25%
R: 5%
でもOKです。
 
まずは原価率30%はあくまで標準的な数値を目指し、
商品ごとの原価率は30%でなくても問題ないことを
今日は覚えておいてくださいね。
 
明日は商品価格を決めるための知識として
原価率と粗利益額についてお伝えさせていただきます。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

必要な時にコンサルタントに相談できる『オンライン顧問契約』

飲食店繁盛会 10Xバーチャル本部

会員サービス内容

  • 年10回の勉強会
  • 会員懇親会
  • 繁盛店を作る動画コンテンツ
  • 会員限定ニュースレターとバックナンバー
  • 個別コンサルティング・販促グループ相談
  • デザイン制作・修正会員割引
  • 出張コンサル割引
  • 販促物購入割引
10Xバーチャル本部詳細(外部サイト)

無料のメール会員

とりあえず無料で登録できるメール会員をおススメいたします。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飮食店繁盛会 メール会員登録(外部サイト)

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/