これからの飲食店のグリストラップ清掃


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

どうしても時間がかかるグリストラップ清掃。
しかも少人数で店舗営業をしている中、
労働時間を長くならないようにしながら
行わなければなりません。
 
あなたはグリストラップ清掃どのようにしていますか?
 
方法としては色々ありますが、
 
A.通常通りかごの残滓を捨て、網でゴミをとり
油を吸着剤で吸わせて捨てる。
 
B.グリストラップ専用のゴミネットをつけてゴミをまとめてすてる。
 
C.微生物で分解させゴミは通常通りとる。
 
D.グリストラップ清掃業者に定期清掃を依頼する。
 
 
だいたいこの4通りになるかと思います。
 
それぞれデメリットがあり、
Aは、労働時間と労働環境に負担がかかる
 
Bはこまめに取り換えないとびっくりするくらい重くなり危険。
 
Cは匂いと汚れは改善されるがコストが中々。
 
Dはコストがかなりの負担。
グリストラップの容量により月一では間に合わないので
自分である程度行う必要がある。
 
 
コストをどこでみるのか?
 
結局はどれを選んでもコストはかかります。
なのでスタッフにできうるかぎり負担をかけない方法を
選ぶべきかと思います。
 
このグリストラップ問題は大きく、
サイゼリヤさんもグリストラップ問題を解決するために
グリストラップ清掃の自動化を長年模索してきて
遂に実現させました。
 
残滓と油分を分離させゴミはゴミだけをボックスからとって捨てるだけ
油は油だけ回収するだけと
夢のようなものです。
 
ここまでの設備を取り入れるのは
ハードルが高いですが流れはこの方向だという事を
知っておく必要があると思います。
 
「グリストラップ清掃にコストを割けない。」
と最初から否定するのではなく、
人件費と離職を減らせるのか
メリットとデメリットを改めて考えてみていただければと思います。
 
お店によってとても負担になっているかもしれません。
反対に対してグリストラップ清掃が負担にならない
業種もあります。
なので改めて客観的に考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^ 


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

必要な時にコンサルタントに相談できる『オンライン顧問契約』

飲食店繁盛会 10Xバーチャル本部

会員サービス内容

  • 年10回の勉強会
  • 会員懇親会
  • 繁盛店を作る動画コンテンツ
  • 会員限定ニュースレターとバックナンバー
  • 個別コンサルティング・販促グループ相談
  • デザイン制作・修正会員割引
  • 出張コンサル割引
  • 販促物購入割引
10Xバーチャル本部詳細(外部サイト)

無料のメール会員

とりあえず無料で登録できるメール会員をおススメいたします。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飮食店繁盛会 メール会員登録(外部サイト)

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/