隠れ家レストランが危険な理由知っていますか?


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

こんばんは!

個人飲食店の味方

飲食店みぎうでサポート

小島です(^O^)

今日は

ファサードについて。

サポートしているお店で

隠れ家レストランの話になったので

お伝えしていきますね。

みんな

やりたがる

隠れ家レストラン。

料理に自信がある

料理人が一番やってしまう

隠れ家レストラン。

高客単価のお店にして

10席ほどならまだいいのですが、

ランチ1000円くらい

ディナー4000円くらい

だとすれば

かなりの高確率で危険です。

自分は今

中小企業診断士の勉強をしているのですが

専門用語でいえば

開放型

閉鎖型

半閉鎖型

と3種類のファサード(店頭)があります。

開放型は八百屋さんなどフルオープン。

日常的に通うお店ですね。

閉鎖型は高級店。ヴィトンとか。

入り口を開けてもらい買うまで出にくい感じ。目的をもってでしか入らないお店。

半閉鎖型は一般的な飲食店。入り口の横にショーウインドーがある感じ。

大衆的に買いまわるお店。

開放型は衛生面で、飲食店はないので

(お祭りの屋台はありますが)

閉鎖型か

半閉鎖型になります。

ここで、

隠れ家レストランは

どちらかというと

閉鎖型ですよね。

ということは

高級店と同じなのです。

そこにいく目的をもって

行くお店。

これが客単価が低い業態でやると

銀座のヴィトンで

3000円のバックを販売しているのと

同じということです。

こう考えると

どれだけ厳しい商売かが

分かると思います。

なので、

隠れ家レストランやるなら

高単価。

高単価もらう自信がないのなら

隠れ家レストランはやめときましょう!

高単価をやるなら

★継続して集客できる発信力がある

これがあるかどうか

自身を俯瞰して見てみましょう!


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/