飲食店が人手不足でも戦う方法


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

人手不足で営業がまわらないことのご相談がやっぱり多く感じます。
もちろん求人は引き続き行うべきですが
ある意味求人は不確実性を大きいことなので
他に依存しない人手不足でも戦う方法を今日はお伝えさせていただきますね。
 
まず、人手不足を具体的に考えてみてください。
 
「スタッフが足りない…」と感じる時はどのような状況でしょうか?

 
お客様が来店時
お客様の退店時
お会計時
ご注文受付時
料理提供時
ドリンクメイク時
ファーストオーダー時
電話対応時
 
様々な時点がありますが
あなたのお店でどのときにスタッフが足りないと感じるのか考えてみてください。
 
例えば、会計時にスタッフが足りないと感じるのなら
POSレジを導入することで大きく改善することができますし、
注文受付時なら、業態によっては
セルフオーダーシステム導入を検討しても良いし、
電話対応は、予約受付をWEBで行っていることをアピールして
できる限りそちらを利用してもらうことで改善できます。
 
また、オーダーが重なり料理提供までに時間がかかる場合も
メニューブックを改善して
注文がばらけないようにしたり、
時間がかかる料理はオーダー数を減らすように設計することで
結果的にお客様に迷惑をかけずに満足度をアップさせることもできます。
 
すぐにできることとして、
オーダーを集中させたい商品に
オススメマークやお店のロゴマーク、
手書きメニューなら赤線をお客様の目の前で
「こちらおススメです!」と伝えながら引くことも効果的です。
 
 
これからの飲食店は、食材原価だけでなく
人件費も含まれる製造原価を意識することが必要です。
 
製造原価には仕込みにかかる人件費や調理工程の人件費も含め
その商品を作るためにかかるコストで考える。
 
こうした目線で考えると
例え、食材原価100円の商品でも
仕込みに人件費が相当かかる場合、
それは利益率の低い商品であると考えられます。
 
クオリティに影響しないのなら
製造原価トータルが抑えられる方法を考えることを
今日は考えてみてくださいね。
 
人手不足もどこが足りないのかを明確にすることで
対応策が見えてきます。
人でなくても仕組みで改善できることもありますので
一日一改善で顔晴りましょう(^^


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

必要な時にコンサルタントに相談できる『オンライン顧問契約』

飲食店繁盛会 10Xバーチャル本部

会員サービス内容

  • 年10回の勉強会
  • 会員懇親会
  • 繁盛店を作る動画コンテンツ
  • 会員限定ニュースレターとバックナンバー
  • 個別コンサルティング・販促グループ相談
  • デザイン制作・修正会員割引
  • 出張コンサル割引
  • 販促物購入割引
10Xバーチャル本部詳細(外部サイト)

無料のメール会員

とりあえず無料で登録できるメール会員をおススメいたします。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飮食店繁盛会 メール会員登録(外部サイト)

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/