飲食店の一律値上げは推奨しない理由


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

価格改定、追い込みで行っているお店多いので
すぐに役立つ値付けの判断基準についてお伝えさせていただきますね。
 
まず、値付けはほとんどのお店で悩まれます。
 
それは
「値上げしたら、お客様来なくなるのではないか?」
「値上しないと利益が残らない…」
このジレンマに悩まれています。
 
小島は値上げに際し一律値上げは推奨しません。
 
それは、
商品個々に基準が異なるからです。
 
例を挙げるとわかりやすいので
 
例えば、醬油ラーメン。
 
これが醬油ラーメン 1000円
の場合と
比内地鶏の醬油らあめん 1000円
 
とでは感じ方が違うと思います。
 
前者は醬油ラーメンの基準でみるので
とても高く感じます。
 
後者は高級食材の基準が入るので妥当かなと感じます。
 
 
もっとわかりやすい例だと
 
高級店でのランチと食堂業態でのランチ。
 
高級店が1800円のランチを1980円に値上げした場合と

食堂業態での800円のランチが980円に値上げした場合
感じ方が全く異なると思います。
 
同じお店でも
餃子380円を480円に値上げするのと
エビチリ1180円を1280円に値上げするのとでは
感じ方が違います。
 
天ざる蕎麦を頼む人が1680→1780円に上がっても
注文するのは天ざるが食べたいからなので
多少の値上げは影響しません。
 
しかし、1000円の予算で何を食べようか?
と考えている場合は1000円超えると
とても大きな影響を与えてしまいます。
 
判断基準が1000円だからです。
 
商品にはこの判断基準のラインがあります。
 
そのラインを越えたら一気に需要が減ってしまう。
 
そのラインを見極める必要があります。
そしてそのラインを引き上げるのが
商品とお店のブランディングです。
 
あなたのお店だけのものであれば
このラインを大きく引き上げることができます。
 
ですがブランディングが出来ていないと
このラインが現在の価格のすぐ上にひかれてしまいます。
 
そうするとちょっとした値上げでも
ラインを超えてしまうことになります。
そして、一律値上げを行うと
その危険性が増すこともおわかりいただけただけると思います。
 
商品個々のブランディング度合いを考えて
そのラインを超えないように値付けをしていくことを検討してみてください。
値付けはとても重要な経営判断となります。
ぜひ、専門家にご相談してくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

必要な時にコンサルタントに相談できる『オンライン顧問契約』

飲食店繁盛会 10Xバーチャル本部

会員サービス内容

  • 年10回の勉強会
  • 会員懇親会
  • 繁盛店を作る動画コンテンツ
  • 会員限定ニュースレターとバックナンバー
  • 個別コンサルティング・販促グループ相談
  • デザイン制作・修正会員割引
  • 出張コンサル割引
  • 販促物購入割引
10Xバーチャル本部詳細(外部サイト)

無料のメール会員

とりあえず無料で登録できるメール会員をおススメいたします。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飮食店繁盛会 メール会員登録(外部サイト)

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/