あなたのお店はありますか? 集客ドリンクと収益ドリンク


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

こんにちは!

個人飲食店の味方

飲食店みぎうでサポート

小島です(^O^)
愛読している月刊食堂

毎月
すごい有益な情報を得られるのでじっくり読んでいますが

今月は
ドリンクについて。

記事を読んで
大事なことをお伝えしていきますね。

ドリンクは
ただ漠然と品数揃えているお店が多いと思いますが

なぜでしょう❓

やはり想いいれが弱いのが原因だと思います。

基本的に自分の料理を食べてもらいたいから
お店をやろうと思う方が多いですよね。

ドリンクにはこだわりがない。

ドリンクは二の次。

そういった現状があると思います。

ただ、売上の構成比を見ると、、、。

食事中心の店舗でも

10から20%もあります。

売上が200万だったら

20から40万です。

大きいですね。

この金額の売上をあげるとなると
相当考えて実行しないとあがりませんよね。

居酒屋業態だと
50%以上も多いです。

そんなに売上構成比が大きいのに
どこにでもある品揃え。

それでは、思ったようには上がりまっせんよね。

そこで
やはり構成比が大きいので
しっかりと
考えて商品構成を考えないといけませんね。

そこで考えるのが

集客ドリンクと

収益ドリンク。

集客ドリンクは
原価が高い無ければお客さんに不満を与えてしまう

収益ドリンクは
原価が安いなくても不満は少ないがあれば注文する

集客ドリンクの代名詞は
ビールですね。

業態によいりますが無ければ不満を感じますね。

収益ドリンクは
ハイボールやレモンサワーなど。

この2つをうまく組み合わせて
お客様も喜ぶ。
お店も喜ぶ。

ドリンクというステージを作り上げていくわけです。

その方法を今度お伝えしていきますね。

月刊食堂、ほんとうに目からうろこの内容です。
ぜひ、買って読んでくださいね。デジタル版もあるので便利ですよ。


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/