飲食店にダイナミックプライジングを使うべきか


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

今日は
今話題の
ダイナミックプライジングについて。
 
 
そもそも、ダイナミックプライジングって何?
 
となると思うので Wikipedia から
 
同一の商品やサービスの価格を需要と供給の状況に合わせて変動させる価格戦略。
動的価格設定や変動料金制  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
とあります。
 
先日、問題になった音楽イベントの価格が
変動幅が大きすぎて話題となりました。
 
 
同等席で一万円ほどの価格差があったようです。
 
発売直後14800円の席とほぼ同じ席で
イベント間近では3900円。。。
 
これは、きついですよね。
 

でも、上手く行っている例も挙げていました。
 
下限に会員価格を設けて
上限も決めておく。
 
こうしたことで
お客様の不利益を抑制している
ということですね。
 
この2つの事例。
 
似ているようで全く異なります。
 
その違いについては後ほど。

 
そして気になるのが他業界で
ダイナミックプライジングの
今後の可能性。
 
スッキリではこのような例を挙げていました。
 
新幹線や飛行機・宿泊施設はもう
ダイナミックプライジングが普通ですが
コンビニはようやく認められつつありますね。
 
高速道路はやるなら空いている時間は無料で、
混雑時は有料とした方がいいと思いますが。

 
と他業界のことをお伝えさせて頂きましたが、
ここで飲食業界はどうなのか?
 
飲食業界は、
業態によって是か非が分かれるのです。
 
その理由は最初の2つの事例です。
 
 
その理由とは・・・

非日常と日常

にあるのです。


今回、問題になった音楽イベントは
基本的に継続しない単発イベント。

今回はやりすぎて価格差をつけすぎましたが
本来なら問題にならなかったと思います。

非日常である、新幹線や飛行機・宿泊施設は
ダイナミックプライジングを採用しても
理解されやすく、価格変動が当たり前になってきています。

そして、もう一方の事例の横浜マリノスの例は、
非日常ですがファンがいなければ成り立たないので
継続してもらうお客様は会員価格。
会員にとっては、日常ですからね。
そうでない非会員は非日常なので
ダイナミックプライジングを採用でOK。

と使い分けているんですね。


ここからやっと飲食業界。

飲食店ではどうなのか?


これを考えていくわけです。


他業界のことでも、
一見関係ないようなことでも
飲食店に使えることはないか?

これを常日頃から、
夢の中でも考えています。

いいアイデアの夢みて
飛び起きて暗い中携帯の明かりで
メモしたりしています(笑)


他業界が関係ないなんて無いんですね。


と話がずれちゃうので
本題に。


飲食店でも、昔からダイナミックプライジングを使っています。

例えば、ハッピーアワーとか、
平日サービスとか、
ありますよね。

でも、あくまで値下げなんですよね。

混雑しているから価格を上げるなんてないんです。


なぜなら、基本、飲食店は日常だからです。


これが、高級業態で予約のみなら
話は違います。

予約の日によって違っても何も思わないと思います。
非日常なのでOKなんです。

これが大衆店でやったらどうか?

昨日は、1000ベロでいけたけど
今日は3000円かかった・・・。

二度と行かないですよね。


こういった不幸をつくらないためにも
飲食店でやるのなら、
正月は正月メニューのみとか
クリスマスは特別メニューのみなど
違いをわかりやすくする必要があるのです。

平日と土日祝が客層が違うのなら
メニューを平日と土日祝で変えるとかですね。

これは、なぜかというと
先述の上手く行っている例は
基本いつでも同じサービスで
価格でしか差を出せないからともいえます。

飲食店はお客様や利用動機によってサービスが
変わるのでダイナミックプライジングを
使いづらいですね。

それに、飲食は人と人の商売です。


価格だけで選ばれる。
そんなお店の永続的な繁盛は難しいのです。
 
なので、価格でお店の混雑をコントロールするのではなく、
お店と人の魅力でお客様を誘導する。

「○○さん、平日来てくれたら話せるから平日来てよ。」

とあくまで飲食は人です。

この世間の反応をみて大手チェーンは
ダイナミックプライジングを使ってくるかもしれません。

ただ、個人飲食店の皆様は
真似しないでください。

(高級業態は、別で。)

目の前のお客様のことを思い浮かべてください。

常連様の○○さんのことを思い浮かべてください。


そのお客様はダイナミックプライジングを使って喜んでいますか?
週何回も来てくれるその人は本当に喜んでいますか?



毎日
いろんな情報が入ってくると思います。
サブスクリプションとかダイナミックプライジングとか
色々入ってきます。


その情報に惑わされず、
目に浮かんだ○○さんが喜んでいるかどうか
自店舗のコンセプトにあっているかどうか
これを判断材料に常日頃からしてくださいね(^O^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/