モバイル&テーブルオーダーはメニューブックの代わりにならない理由


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

モバイルオーダー単発運用は危険

昨日のブログ
どうなる?マック。モバイルオーダー全国導入開始
や報道を見て人材不足からモバイルオーダーやテーブルオーダー端末の
導入の検討をされている方もいると思うので
ひとつ落とし穴ということで注意喚起をお伝えさせて頂きますね。
 
一言でというと、
モバイルオーダーやテーブルオーダー端末の単発利用は危ないよ。
 
ということです。

注文のストレス増大の可能性

なぜかと言うと、
 
モバイルオーダーやテーブルオーダー端末は注文に特化した
システムで基本はタブレットやお客様のスマホの画面で
操作・注文することになります。
 
これがネックでメニューの画面がタブレット端末の
大きさが限界ということです。
 
まして、お客様のスマホにも依存するのでスマホの画面の
大きさにメニュー画面がなるということです。
 
これが何を制限するかというと、
1ページに掲載できる商品が少なくなる。
 
タブレット端末なら1ページに6品程度。
 
通常のメニューブックなら見開きで~20くらいは掲載できますね。
なのでメニューブックは5枚くらいめくれば全メニューを
お客様が把握することができる。
 
それに対してタブレット端末は倍の10回以上画面をめくらなければいけない。
 
それがスマホだとさらにずっとスクロールしなければならない。
(そしてスクロールなのでメニュー一覧になりやすいしせざるを得ない。)
 
このストレスは結構なもので、面倒くさくなり結局スタッフに聞いたり
追加注文を辞めちゃったりと客単価の減少にもつながる可能性もあります。

メリットとデメリット

例えば、 追加注文しようとスマホでメニューをみる。
  ↓
その時、スタッフがテーブルの横を通る。
  ↓
面倒くさいからスタッフに聞く。
  ↓
スタッフがスマホで「ここにありますよ。」と教える。
  ↓
結局、自分でスマホで注文する。
 
 
スタッフが余裕があればその場で聞いて
直接オーダー入れるとは思いますが混雑時はこうなると予想されます。
 
でも、いいこともあります。
 
例えば、
①混雑時でも注文で待たせることなくオーダーを受けることができる。
 
②4人来店の場合、4人全員が自分のスマホでメニューをみて注文できる。
個々に頼みたいものを注文できるので客単価アップする可能性もあります。
 
本来、メニューブックもお客様の人数分お渡しするのが大事ですが、
コストの面で中々できないですよね。
モバイルオーダーは初期コストと月額料金を払えばメニューを全員に
見せられるメリットもあります。
 
何にでもメリットとデメリットがありますが、
モバイルオーダー・テーブルオーダー端末を利用するなら、
そのデメリットを補う必要があります。

モバイル&テーブルオーダーは、メニューブックとの併用が不可欠

モバイルオーダー・テーブルオーダー端末を導入しても
メニューブックは必要不可欠であるということ。
 
モバイルオーダーやテーブルオーダー端末を導入しても
メニューブックが要らないとはならないのです。
むしろ、メニューブックが必須。
 
これはマックもそうですが注文を
モバイルオーダーのみにはしていないですよね。
 
あくまで併用です。
モバイルオーダーしたい人はモバイルオーダーで。
人に注文したい人は人に注文する。
 
そして、モバイルオーダー利用する人でも
実物のメニューを見ますよね。
 
なのでモバイルオーダーやテーブルオーダー端末を導入しても
メニューブックが大事なのは変わらないので、
 
メニューブックの機能と
オーダーテイクの業務は別。

 
役目が違うんです。 

あくまでオーダーテイク業務の代わりとして
モバイルオーダー・テーブルオーダー端末がある。
こう考えていくと落とし穴にはまらずにいけるので
ご参考にしてくださいね。


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/