紙の厚さは信用の厚さ


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

飲食店あるある。
 
 
 
期間限定メニューがボロボロになっている。
入り口に貼ってあるお知らせの紙がヨレヨレ。
トイレに貼ってある宴会POPが破れている。
 
よく見かけますね。
 
これは結構コピー用紙を使用している場合が多いです。
 
 
これが大衆酒場だとそんなに気にならないと思いますが、
客単価がそこそこのお店ではどうでしょうか?
 
客単価が4000円、5000円~のお店で
コピー用紙のお知らせが入り口にはってあると、
ちょっともったいないです。
 
これをしっかりとした厚みのあるマットフォトペーパーで
貼ってあったらどうでしょうか?
 
入る前から期待できませんか?
 
ヨレヨレのコピー用紙で貼ってるお店と比べて
質の良いものが出てきそうですよね。
接客も期待できそうです。

領収書も客単価3万とかのお店で
ペラペラの領収書出てきたら最後に残念ですよね。
高級ブランドのお店で領収書はペラペラで出てこないです。
 
それは紙の厚さが薄いと信用性が薄くなるからです。

飲食店の日替わりのメニューは毎日交換するので躊躇すると思いますが、
客単価が7000円~のお店は
和紙風のフォトペーパー使って価値を上げることも大切です。
 
 
実際に厚みをだして味の差以上の価値の差を他社とつけている企業もあります。
 
 
これはラミネートも同じです。
ラミネートも100μの薄いものではなく、
150μの厚みのあるものを使用してください。
 
これだけで全然感じ方が違います。
 
コストを下げることはもちろん大事です。
ただ大事なのはコストを下げて価値まで下げたら
意味がない。
もったいなさすぎます。
 
 
コピー用紙は1枚1円もしません。
けどマットフォトペーパーは1枚3円~20円とか。
和紙も1枚10円とか。
 
この費用で信用買えればいいと思います。
 
もちろん最初に言った大衆酒場で
日替わりメニューが厚紙のしっかりしたものだとしたら
違和感が残りますね。


業種業態に合わせた紙の厚さ、
意識してみましょう!
 
そして時間的余裕がある今こそ
紙を全部交換してくださいね。
 
とりあえず、ラミネートは150μで。(^^♪


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/