料理撮影のポイント


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

昨日の続きの飲食店の料理撮影のポイントをお伝えしていきますね。
 
昨日の振り返りとして
#振り返り大事
 

基本の3つの注意点として

  1. 調理場で撮らない
  2. 光源の真下で撮らない、できれば窓際で逆光で撮る
  3. 近づいて撮らない

SNSで使用する時のポイント

  • 躍動感あるように角度をつける
  • 人物を入れる
  • 周りの小物にも一工夫する

メニュー写真で使用する時のポイント

  • 角度はあまりつけない
  • 色々なアングルで撮る
  • 料理の器の端がちゃんと収まるようにする

とありましたね。
 
 
まず、こちらの基本の注意したいポイント。 

基本の3つの注意点として

  1. 調理場で撮らない
    →調理場は基本的に撮影に向かない。照明も調理に適したが多く
     直下で撮ることになるので避けたい。ただ、綺麗な調理場を
     背景に撮影することはあり。
  2. 光源の真下で撮らない、できれば窓際で逆光で撮る
    →料理撮影は窓があれば窓際で撮る。その時に直射日光が
     当たらないようにレースカーテンなどで光を和らげる。
  3. 近づいて撮らない
    →みんなやっちゃいがち。シズル感出す場合に寄って撮ってしまうけど
     レンズの特性上歪みがでるので、1.5m離れてズームで撮った方が
     失敗少ない。本当にシズル感のみ追求なら寄ってもOK。

続いてSNSで使用する時のポイント

  • 躍動感あるように角度をつける
    →SNSは、特にインスタは数多くの中から際立つ必要があるので
     正対してとるばかりでなくあえて斜めに撮ったりして
     躍動感を出すと目に留まりやすい。
  • 人物を入れる
    →料理だけより人物を入れるとより反応が良い。
     毎回同じ構図ではなく工夫して一目で
     違う写真とわかるようにすることがとても大事。
  • 周りの小物にも一工夫する
    →料理だけでなく小物も利用してシチュエーションを
     イメージしやすくする。料理よりそのストーリーを
     写真におさめるという気持ちで。

そして、これが一番知っておいて欲しい!
メニュー写真で使用する時のポイント

  • 角度はあまりつけない
    →SNSと違って角度をつけすぎるとメニューに使いづらいので
     正面、右下がり(若干)の平面の角度を商品で調整して
     上下の角度を45度を基本にして撮影。
     基本の45度は全商品撮影しないとチグハグになるので要注意。
     シズル感出すもの、商品のトッピングをわかりやすく
     伝えたい商品は真上からなど撮影を忘れない。
  • 色々なアングルで撮る
    →慣れないうちは様々な角度で撮影する。
     ブレないように脇を閉めてスピーディーに撮る。
     暗いとブレやすいので光量は明るめに。だけどフラッシュは
     絶対に使わない
     料理の美味しさを撮れる時間は短いので考えずに
     バシャバシャ撮る。
  • 料理の器の端がちゃんと収まるようにする
    →これがメニュー撮影で一番ネック。お皿が切れていると
     メニュー作成時にどうにもならない。なので常に全体を写す。
     シズル感出すものは已む得ない場合あるが出来れば器の端まで
     余裕をもって写す。最近のスマホは解像度が高いので
     大きく写そうとしなくて良い。ただ、カメラ設定は最大で。

以上ポイント挙げてまいりましたが、
今はスマホでも十分綺麗に撮れます。
 
小島が撮影する時は一眼レフで撮影しますが
それは写真の編集のしやすさが一番大きいです。
スマホなどのJPEGでなくてTIFFで保存が基本なので
後から様々な色調整ができるんです。
 
料理写真で一番大事なのは
光源です。
 
光をうまく料理に当てることができれば
スマホで十分だと小島は思います。
基本、逆光で撮影する。
 
そして逆光なので手前が暗くなるのを防ぐために
白い紙で反射させて料理の手前に光をあてる。
 
たったこれだけです。
 
まとめると・・・
 
撮影は窓際で。
窓がない場合は光源をバックに料理を置く。
照明の下では撮らない。
フラッシュは厳禁。
料理から1.5m離れてお皿全体をおさめる。
 
このポイントをおさえて撮ってみてくださいね。
#飲食店 #繁盛 #料理撮影


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/