トラブルを抑えるPOP作成とは?


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

今日は久しぶりに販促系、POPの書き方について。
最近は売上を上げる販促POPというより
トラブルを最小限にするPOPの必要性が高まっていると感じます。
 
POPの役割として伝えたいことを伝えるべき人に
ストレスなく伝えるということ。
 
そのために
アイキャッチ、目が留まる文字や写真、絵などで
必要な人に一目で必要なものだと認知してもらう必要があります。
 
例えば、食事している時以外はマスクをして欲しいのなら
ハッキリとアイキャッチで伝える。
 
逆にお食事中は飛沫が飛ばないように注意しながら
マスクしないで食事を楽しんでもらいたいのなら
しっかりとアイキャッチで伝える。
 
大声での会話がNGならそれをアイキャッチで伝える。
 
そしてそのアイキャッチが文章の場合、
長いと一瞬で理解できません。
人が一瞬で認識できる文字数はいくつだと思いますか?
 
 
それは
13文字だと言われています。
 
今回の題名だと
トラブルを抑えるP O P 作 成 と は ?
12345678910111213141516
16文字となります。
 
「少し多いじゃん・・・」

と思われますよね。
一瞬で認識できるということは
13文字まで一瞬で認識できるということ。
なので13文字目までは認識できる
 
今回の例だと
「トラブルを抑えるP O P 作 成」
まで認識できているということになります。
今回の場合は認識できる範囲であるといえます。
 
店舗でのPOP場合は13文字までを目立たせたりする必要があります。
先ほどの、食事している時以外はマスクをして欲しいのなら
「会話はマスク着用で!」として
サブタイトルで「みんなで気持ちよく食事をしませんか?」
としたり、
 
マスクしないで食事を楽しんでもらいたいのなら
「笑顔をみせて食事を楽しもう」として
サブタイトルで「大きな声を出さずに」
と入れたりして
必要な人に伝える努力をしてみてはいかがでしょうか。
ということで今日はPOPを作成する時は
アイキャッチで伝わるかどうかを意識して作成してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/