飲食店がランチ弁当で儲ける!第8回 ランチ弁当販売価格の最適化


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

ランチ弁当、今日からは「売る」ことをお伝えさせていただきますね。
どんなに良いランチ弁当を作ったとしても売れなければ
長く続けられません。
 
そして、そのランチ弁当を買ってもらわなければ
その美味しさを体感してもらうことはできません。
 
そのために商品の見た目もお伝えさせていただきましたが
そもそも、お客様が手に取れる価格でないと
選択肢から除外されてしまします。
 
しかし、中には30万円の超高額弁当(2018/ギネス認定)や
東京駅の1万円のお弁当もあります。
 
販売価格は高いか安いかでなくて
適正価格であると売れる。
ということは
適正価格=お客様が納得して購入できる価格
ということですね。

お客様が納得して購入できる価格で
そのお弁当のコンセプトに合う商品を
提供できれば良いということになります。
 
そのコンセプトの商品を納得して購入できる価格。
 
納得して購入できる価格は、
ランチ弁当としては、絶対価格として300~800円くらいが一般的ですね。
でも、地域や内容によって相対的な価格もあります。
 
焼肉弁当だったら1000円以上でも納得して購入しますよね。
 
なので絶対価格ではなくて地域や内容によって相対的に考えていくこと
飲食店には合っていると小島は思います。
 
絶対価格で見るのはお弁当製造業の方たちの土俵だといえます。
飲食店は相対価格でお弁当の価格を決定する。
その決定は原価率でなくて粗利益額で決める。
 
お弁当一つでいくらの粗利があれば良いのか?
 
例えば、
500円のお弁当を
原価率30%で350円の粗利で
100個売って35,000円の粗利より

800円のお弁当を
原価率37.5%で500円の粗利で
80個売って40,000円の粗利を目指す。
 
個数より一つあたりの粗利益額で考える。
なので公式は

欲しい粗利益額+原価=販売価格≦お客様が納得して購入できる価格=相対価格
となります。
 
左側がお店、右側がお客様。
このバランスをとれた価格がランチ弁当の適正価格となります。
今日はあなたのお店が提供しているランチ弁当が
このバランスがとれているのかどうかチェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/