飲食店がランチ弁当で儲ける!第4回 弁当容器の最適化(形状)


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

昨日は弁当容器の色についてお伝えさせていただきましたね。
本日は「形」についてです。
 
弁当容器と言っても様々で
・一体型
・外箱、盛り付け容器別タイプ
・はめ込みタイプ
・組み立てタイプ
があり、
蓋も
・外嵌合
・内嵌合
・ノーマル
等あります。
 
それぞれの弁当容器にはメリットとデメリットがあります。
例えば、一体型では
■メリット
・コストが安い
・在庫スペースが少なくて良い
・準備が要らない

■デメリット
・盛り付けに融通が利かない
・盛り付けタイミングが一緒
・見た目が安っぽい
 

外箱、盛り付け容器別タイプでは、
■メリット
・高級感がある
・MR関係弁当に人気ある
・外箱に印刷してブランドイメージ戦略可

■デメリット
・コストが高い
・在庫スペースがそれなりに必要
・箱を組み立てる準備が必要
 
このようにそれぞれにメリットとデメリットがあります。
なのであなたのお店が
そのお弁当がどのように利用されるのかを考えて選択する必要があります。
 
向いている用途でお伝えすると、

・一体タイプ・・・・低価格弁当、店頭注文弁当、キッチンカー弁当
・容器別タイプ・・・会議弁当、MR向け弁当
・はめ込みタイプ・・慶事、法要向け弁当、高級幕の内弁当
・組み立てタイプ・・Uberやキッチンカーなどインスタ映え弁当
 
基本的には上記になり、弁当のコンセプトに応じて変化させるイメージになります。
小島は小さな惣菜弁当店で300個の弁当もやってきましたが、
弁当容器によってオペレーションも変わります。
 
お弁当容器や弁当でお悩みでしたら
10Xバーチャル本部会員の方は
個別相談毎週受け付けておりますので
ご活用くださいね。
https://hanjoukai.sm…
 
それでは利用用途に合わせた弁当容器を選んでくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/