飲食店がランチ弁当で儲ける!第13回 ランチ弁当の写真撮影の鉄則2~至近距離NG~


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

昨日に引き続き撮影のポイントをお伝えさせていただきます。
 
ランチ弁当の撮影のポイントとして以下の3つはおさえておきたい。
 
1.一目でわかるようにメインを手前に撮影
2.アップで撮影せず、2mくらい離れて撮影
3.窓際で直射日光でない柔らかな半逆光で撮影
 
今日は2番目のアップで撮影せず離れて撮影です。
 
料理写真で多くの方が行う撮影で
アップで撮影することがあると思います。
 
そもそもなんでアップで撮影するのでしょうか?
 
「アップの方が美味しそうに撮れるから」
だと思います。
 
この「美味しそう」がポイントで
美味しそうということは
あくまでイメージなんですね。
 
そのイメージで美味しそうと伝えたいから
アップで撮影をする。
 
だったら、お弁当そのものをアップで撮影するよりも
メイン料理を箸で持ち上げたり
ソースをかけているところを撮影したり
焼いているところを撮影した方が
美味しそうですよね。
 
もう容器に詰められたお弁当をアップで撮影しても
シズル感は得られにくいです。
 
ランチ弁当を撮影するのなら
2mくらい離れて撮影することをお勧めします。
 
何故近いとダメなのか?
 
それはレンズの特性上、寄って撮影すると
歪みがでてしまいます。
 
手前は大きく写り、奥は小さく写る。
そうすると本来のお弁当でない商品写真となります。
料理撮影も同じですが、
商品写真を撮影する時はアップでは撮りません。
 
シズル感を出す際は別ですが、
お弁当の写真をの写真をアップで撮影することは
ほとんどないと思います。
 
「2mくらい離れて撮影するとちっちゃくなっちゃう」
と思われるかもしれませんが、ZOOMすればOKです。
大きな看板に使用するのでなければ
スマホのZOOMで撮影してもOKです。
 
なので合言葉は
「2m離れてズームして撮影」
これで今日も一日一改善で顔晴りましょう(^^)
 


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/