飲食店がランチ弁当で儲ける!第14回 ランチ弁当の写真撮影の鉄則3~光を操る~


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

ランチ弁当の写真撮影3回目の今日は、
インスタ映えしない写真にならないように
美味しそうに写真を撮るために必須の
「光を操る」ことについてお伝えさせていただきますね。
 
これまでの撮影のポイントはこちらから
1.一目でわかるようにメインを手前に撮影
https://migiudesp.co…
2.アップで撮影せず、2mくらい離れて撮影
https://migiudesp.co…
 
今回のポイントは
「窓際で直射日光でない柔らかな半逆光で撮影」
 
まず、簡単に言うと撮影すると場所は決めてしまうと楽ちんです。
窓があれば窓際で。
 
窓が無い場合は、光源を後方から当たるようにする。
電球色は色味が変わってしまうので
自然光に近い色味の光源に変更する。
 
光源が強い場合は、薄い白い紙を間に入れて光を柔らかくしてください。
影がはっきり出ているとNGです。
 
光源がお弁当の斜め後ろに来るようにして撮影してみてください。
 
これだけだと手前側がどうしても暗くなります。
なのでお弁当手前に画面に映らないように
光源からの光を反射させてるために白い紙を立てて
お弁当手前に光をあてます。
 

後、アングルなどは最初はコツがつかめないと思いますので
色んなアングルで撮影してみてください。
その時に必ず前回お伝えさせていただいたアップで撮影せずに
2m離れて撮影してみてください。
 
もちろん、アップで撮影しても良いですが
それは別個に撮っておいてください。
引いて撮影することでお弁当の端が切れることもないと思います。
 
お弁当や料理の端が切れている
(全体が映っていない)と本当に使いずらい写真になってしまいます。
 
InstagramなどSNSに投稿する時に余分なところは
トリミングすれば良いので撮影時は端を切れないようにしてくださいね。
 
なので、撮影時出来れば窓際で
影がハッキリ出ないように適度に遮光して撮影してみてください。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/