手書きメニューのポイント① ~文字の大きさに3割のメリハリ~


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

店内の手書きのメニューや店頭のA看板。
文字の大きさがとても重要なので最初にお伝えさせていただきます。
 
文字の大きさは意外と意識していないで手書きのメニューを作成していることが多いと思います。
 
書く前にまずはそのページは何のページなのか?

これを考えてから書き始めないと伝えたいことが伝わらないことになりかねません。
 
例えば、「本日のおすすめ」の手書きメニューでしたら
伝えたいことは
「本日だけの特別なメニューがある」
これが伝えたいことですね。
 
なので一番上に大きく書く必要がありますね。
 
次に大きく書くのはカテゴリーですね。
カテゴリーは
・おつまみ
・ご飯もの
といったものや
商品そのものをカテゴリーにする場合もあります。
 
「当店名物!絶品麻婆豆腐」

実際に小島がカテゴリーにしていました。
 
そして商品名が次の大きさで
最後の大きさは商品説明や補足などの情報。
 
1.何のページかを伝える見出し
2.カテゴリー
3.商品名
4.補足・説明
の4段階で
グランドメニューなどは1が表紙にあたるので
なので3~4段階と考えていただければと思います。
 
そしてこのそれぞれの文字を大きさにメリハリをつけなければ、読みにくいレイアウトになってしまいます。
 
なのでそれぞれの大きさはこのような感じで差をつけます。

1.何のページかを伝える見出し
↑3割増しの大きさ

2.カテゴリー
↑3割増しの大きさ

3.商品名
↑3割増しの大きさ

4.補足・説明


まずはこのように文字の大きさに3割のメリハリをつけて手書きメニューを作成してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/