飲食店メニューで高単価メニューを記載する時の注意点。 手書きメニューのポイント⑥


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

メニューに高単価の商品を入れる時の注意すべきこと。
これを抑えておかないと不安を感じるメニューになってしまいます。
 
そうならないように今日のブログをご一読いただければと思います。
 
昨日のブログで高単価の商品が紛れていると、注意しながらメニューを読むので注文数が伸びないとお伝えさせていただきました。
ではどうやって高単価の商品をメニューに記載すれば良いのでしょうか?
 
そもそも、普段価格の商品と高単価の商品が同じエリアにあるから
ポッとでの高単価商品がある訳です。
 
なので高単価の商品は別枠にすることで
「この枠の商品は高額商品なんだな。」
とすぐに理解することができます。
 
なので
「ここのメニューは今度のお祝いの時に頼もう。」
と認識することができます。
 
なので高額商品は高額商品と一目でわかることがとても重要になります。
 
例えば、背景を他のカテゴリーとテイストを変えたり高級感を出したり、
金のペンでアンダーライン引いたりして
「ここの商品は特別なんだな。」
と一瞬でわかるようにする。
 
こうしてわかりやすくすることで高額商品の存在もアピールすることができ、必要な時に
「あっ、そういえばあのお店こんな料理あったな。」
と思い出してもらいやすくもなります。
 
これが一般メニューの中に紛れていると記憶に残りにくいので高額商品は売れにくくなります。
なので高単価の商品は一般メニューと別枠にしてお客様が不安に感じないようにしてみることが大切です。
 
そして別枠にすることで高単価の商品をアピールして他店との差別化、ハレの日需要に対して対応することもできます。
 
「飲食店でついつい高額商品は出ない・・・」
と思いがちですが、やり方だと思います。
高額商品を売れるようにするポイントはまた明日のブログで。
高額商品は一般メニューと一緒にしないように注意してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/