ランチメニュー制作のポイントその4 ~商品名で伝える!~ +製作事例


noteでマガジン登録で更新通知チェック
https://note.com/migiudesp

小島の個人Facebook
https://www.facebook.com/n0riaki1977
小島の個人Twitter
https://twitter.com/IMSkojima

小島へのご相談・ご依頼はこちら
https://migiudesp.com/contact/

私も関わっている飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部
無料会員登録はこちら

 

おはようございます!

 

個人飲食店に利益をもたらす

小島です。

こんにちは!

個人飲食店の味方!

飲食店みぎうでサポート

小島です!

前回の

ランチメニュー制作のポイント その3~商品名で伝える!~ に引き続き

ウリを明確にするポイントをお伝えしていきますね(^^

1、商品名で伝える!

2、写真で伝える!

3、場所で伝える!

4、字体、色で伝える!


の2、

写真で伝える!

簡単そうですよね。

「美味しそうな写真でしょ」

と声が聞こえてきそうです(笑)

そうですね。

写真が美味しそうでなければ

その時点で食欲が落ちちゃうので

まだ無い方がいいかもしれません。

簡単な写真の撮り方も今度載せますね(^^♪

あくまで

写真は美味しそうであることは前提条件で。

ただ、美味しそうだけでは

いまいちなんです。

全部、美味しそうな写真では

どれがウリかわからないですよね。

なのでウリはあえて他と違う写真にする。

例えば、

あえてアップにする

あえて背景を除いて料理だけ切り抜いたり

あえて真上から

などの他

あえて画像を大きくしたり

わからないくらい大きくしたり

とあの手この手で

目立たせる!

ただし、全体のバランスも大事なので忘れないように。

福井「ワインと熟成牛タン 刻」様ランチメニュー


あと、よく写真の中に商品名をいれているのをみますが

なれないうちは写真の下か横にしておいた方が無難です。

写真の中に入れるとわかりにくかったり

そもそも、その商品が商品でなくイメージだと

思われて超有名チェーン店でも

メニュー変えたらウリの商品が出なくなったと

聞きました。

本当にメニューで

何がでる出ない、

美味しく感じる感じない

売上が上がる下がる

収益が上がる下がる

とても重要なものなので

軽視しないで作成した方が良いです。

メニュー変えることですぐに変わります。

次回は

場所で伝える!

これも重要なことですので

お楽しみに!

それでは~(^O^)


ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

10Xバーチャル本部とは

小さいお店の3つの本部機能を代行して経営者の時間を増やします

10Xバーチャル本部は、①コンサル・SV機能②販促支援機能③スタッフ教育の3つの機能をアウトソーシングすることにより、

  • 飲食店経営者の経営で悩む時間(コンサル機能で一緒に考えます)
  • 販促を考える時間(販促計画を一緒に作ります)
  • スタッフ教育をする時間(オンラインでスタッフ教育を代行します)

を減らして、経営者が大事な仕事に集中できる環境を作ります。

詳しくは動画をご覧ください。

お申し込み

スタンダート会員・ライト会員以外にも
とりあえず無料会員で登録しておきたい方も
こちらからお申込みください。

※無料会員は一切費用はかかりませんのでご安心ください。

飲食店みぎうでサポートの最新情報をお届けします


===↓まずはこちらをフォローを♪===

■小島の個人Facebook
→ https://www.facebook.com/n0riaki1977

■小島の個人Twitter
→ https://twitter.com/IMSkojima

■飲食店みぎうでサポートInstagram
→ https://www.instagram.com/migiudesp/

↓↓↓顧問契約お申し込みもコチラから↓↓↓ 
https://migiudesp.com/contact/

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!毎週開催してます!
詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/